オーダーメイドの結婚指輪が出来るまでの流れ

オーダーメイドの結婚指輪が出来るまでの流れ

近年一生物の結婚指輪だからこそ、オーダーメイドで世界で自分たちだけの指輪を作る方が多くなっています。
既製品には見られないデザインや、自分たちの思いがこもった結婚指輪は思い入れが深くとても感動的な指輪になります。
その流れは、まずデザイナーとデザインの方向性を打ち合わせします。
依頼者の思いや希望、予算などを伝え、それをデザイナーが具体化していき、それを元にグラフィックデザインを制作してもらいます。
その後細かなデザインの調整をしていきます。
指輪の幅やサイズ、刻印などここで最終決定します。
そして、それが確定すると製作開始に入ります。
正確なサイズを測定し、デザインを元に職人がハンドメイドで製作していきます。
完成は1~2か月後で完成です。
オーダーメイドの結婚指輪は、このような流れで一つのチームで作り上げていきます。
自分たちの希望と夢が詰まった結婚指輪を実物として指にはめた時の感動は、最高の思い出になります。

結婚指輪はオーダーメイドが良い?

結婚という人生の中でとても大きな出来事においては、やはり形として記念に残るものとして、結婚指輪にこだわりたいという人は多いことでしょう。
その中には、自分たちなりのこだわりを存分に生かすために、結婚指輪をオーダーメイドで作るという人が少なくありません。
オーダーメイドの方が既存のものを店頭で購入するよりも、どのような宝石を使用するか、デザインはどういったものにするかなど、自分たちの抱いている色々な希望を取り入れられると言えます。
特に世界中で自分たちしかこのタイプの指輪を着けていないという点に、大きな充足感を得られる人であれば、その方法が適していると言えます。
ただオーダーメイドにも、結婚式などの準備で色々と忙しい時期に、デザインや宝石選びなどに頭を使い、お店に通って相談するなどで時間と手間をかけることになるという点では、大変な部分があるというのも確かでしょう。
つまり時間や手間をかけてでも、自分たちの希望を叶えたいという熱意があるのであれば、この方法を選べば良いのです。